BLOG

就職ガイダンス・園見学(学生さん・既卒の方)

2020.08.02学生の方へ 今日の出来事 

6月の幼稚園再開から数回園での就職ガイダンスを行ないました。

また、園見学や保育体験も希望される方には実施しました。

多くの学生の皆さん、既卒の方にご参加いただきました。

本当に、ありがたいことです。

近年、幼稚園教諭・保育士の採用は全国的に地域を問わず、大変難しくなっています。

現在、私はさいたま市私立幼稚園協会という市内の私立の幼稚園・こども園の団体(市内101園加盟)の理事をしておりまして、人材委員会の委員長を仰せつかっています(具体的には、人材委員会という採用イベントの開催や、園長・理事長向けの採用関係の研修会の担当をしています。)が、年々、市内の園からも採用が厳しい、先生たちがすぐに退職してしまうといった嘆きや相談を受けます。

そんな状況を改善すべく、色々な改善をしておりますが、非常に保育業界にとって採用は難しい問題となっています。

さかわ幼稚園に見学等いらしていただけるのはいくつかの理由があると思います。

・保護者の方が良い

 失礼ですが、保護者の方へのお世辞ではありません。地域・園によっては放課後の保護者対応が大変で退職されるという話    を非常に多く耳にします。さかわ幼稚園の保護者の方は、非常に園・教職員のことをご理解くださる方が多く、先生たちも保育をしやすい環境にあります。

・現職の先生たちの意識の問題

 保育業界は、人対人で答えがあるようでない難しい仕事です。したがって、見て覚えてくださいという様なことも多々あります。さかわ幼稚園では、先輩の先生たちは自身の一年目二年目の頃の分からなかったことを踏まえ丁寧に後輩の先生に伝えるように心がけてくれています。また、後輩の先生たちも先輩の気遣いを理解しているので、互いを尊重しながら働いています。お互いを思いやる、尊重するといった意識を持ち、子どもたちの最善を考えてくれています。

今、思いついたのは上記くらいですが、他にもあると思います。

今後、保育業界(幼稚園・保育所・こども園)は、働く先生がいるかいないかで、子どもたちを受け入れられるか、質の高い保育が出来るかになってきます。

教職員が働きやすい環境を整え、しっかりと園の想いを伝えることが、子どもたちの育ちを促す大切なことになってくると考えます。

子どもたちに良い体験・経験をする場や機会を設ける為にも、教職員が働きやすい環境を整備していきたいと思います。

                                              理事長  大室 太偉